少額請求支援

請求額が少ないからと、あきらめていませんか?

少額請求支援

「弁護士費用がかかるので、あきらめたらどうですか?」

 法的トラブルを抱えている方で、弁護士にそう言われた相談者は少なくありません。実際、弁護士に依頼すれば、それなりの費用がかかります。特に訴訟になると、何十万円、何百万円かかるかわかりません。そのため、請求額が低い案件だと、弁護士費用だけでマイナスになってしまいます。
 そこで、ウィステリア・バンデル法律事務所では、請求額の低い案件につきまして、より弁護士費用を節約できるプランをご用意しました。具体的には、交渉や調停には原則としてご本人様が行っていただき、弁護士は前に出ないで、各種相談や文書作成指導等を行うというものです(写真は近所の猫)。



 

少額請求支援の具体的内容

 ウィステリア・バンデル法律事務所の少額請求支援は、ご相談者・ご依頼者の方が交渉等を行い、弁護士はそのサポートをします。つまり、通常の訴訟等の代理と異なり、弁護士が相手方や第三者の前に出ることはありません。原則として、定期的・複数回の法律相談による弁護士のアドバイスをメインとしますが、文書作成や現場調査の立会い等を行うこともあります。

【具体的な支援内容】
〇 法律相談
〇 各種文書作成支援(文書の作成、チェック等)
〇 現場調査同席

料金の違い


【請求額10万円の例(消費税別)】

★訴訟だと・・・

着手金:100,000円
報 酬: 16,000円

合 計:116,000円

せっかく勝ってもこれでは、弁護士費用でマイナスに・・・

★少額請求支援の例

(1)継続相談だけで紛争解決する場合の例

法律相談:5,000円×4

合 計:20,000円

(2)示談書等の文書作成の代行を依頼する場合の例

法律相談:5,000円×4
文書作成料:29,800円

合 計:49,800円

弁護士費用払っても損はしない!

※あくまで一例です。実際の進め方で、料金は変動します。
※交通費等実費が別途発生します。
※案件の内容によっては、訴訟等をお勧めすることがあります。

少額請求支援を利用することで、より安価に弁護士を利用して紛争解決に導くことが可能です。また、法律相談等、原則としてその都度のお支払いになるので、通常の事件依頼のように、一度に何十万、何百万といったお金を支払っていただくこともありません。いずれにしても、まずはご予算をお知らせいただければ、それに合わせて弁護士よりプランをご提案させていただきます。なお、当サイトの「料金」のページもご覧ください。
 


 

「よくあるご質問」もご一読ください。