予防法務・法務コンサルティング

はじめに

  • 【具体例】
  • 契約書のチェック、起案、相談
  • 契約、各種交渉の立会い、相談
  • 顧問契約
  • 弁護士の定期訪問
  • 入社、転職、結婚、賃貸借契約など

 弁護士は訴訟などで相手と戦うというイメージをもつ方も多いかと思います。もちろん、そうした訴訟等を専門に扱う弁護士も少なくありません。しかし、訴訟をはじめ紛争は負けたほうはもちろんのこと、勝ったとしても、金銭的・肉体的・精神的・時間的損失が生じますし、そもそも普通の会社や人であれば、紛争は望まないはずです。そんな多くの人や会社の「紛争を回避したい」という思いから、ウィステリア・バンデル法律事務所は予防法務に注力しています。(予防法務とは、将来において法的な紛争が生じないよう、法律知識や法実務上のノウハウを駆使して事前に法的措置をとることをいいます)。
 ウィステリア・バンデル法律事務所では、予防法務に関する相談実績も多数ありますので、ぜひご相談ください。なお、 弁護士の顧問契約をご希望の方は当サイト「顧問契約」をご覧ください)。




予防法務のメリット

大分駅大友宗麟の像

1.料金(詳しくはこちら
(予防法務) 一般的に安くなる傾向にある。
(事後的な紛争解決) 交渉や訴訟等になるので、一般的に割高になる。予防法務と比較して数十倍から数百倍の費用になることもある。

2.時間・ 労力
(予防法務) 一般的には時間や労力が抑えられることが多い。
(事後的な紛争解決) 紛争解決に多大な時間と労力が必要になることがある。

3.相手との付き合い
(予防法務) 今後の取引や付き合いを前提とするので、いい意味で距離感と緊張感をもった付き合い方ができることが多い。
(事後的な紛争解決) もめた後なので、信頼関係は崩壊している。少なくとも、これまで通りの付き合いは期待できないことが多い。
※写真は大分駅大友宗麟の像

 

契約書作成のすすめ

 ウィステリア・バンデル法律事務所は、人生・ビジネスのあらゆる場面で契約書の作成を推奨しています。ぜひ、一度ご相談ください。