プライバシーポリシー

ウィステリア・バンデル法律事務所では、法令(条例、下位規則、弁護士職務基本規程、日本弁護士連合会・大阪弁護士会の規則を含みます。以下、同じ)を遵守し、依頼者、お申込者、ご相談者、受講生、その他お客様各位(以下、「ご本人様」とします)の大切な個人情報の保護に万全を尽くします。

1.ウィステリア・バンデル法律事務所は、お客様から収集した個人情報を次の目的で利用いたします。
(1)ご本人様への連絡のため。
(2)ご本人様からのお問い合せに対する回答のため。
(3)ご本人様へのサービス提供のため。
2.個人情報は、適法かつ適正な方法で取得します。
3.個人情報は、以下の場合を除き第三者に提供しません。
(1)法令にもとづく場合。
(2)人の生命、身体または財産、その他憲法・法律上の権利の保護のために必要がある場合であって、ご本人様の同意を得ることが困難であるとき。
(3)公衆衛生の向上または児童の健全な育成の推進のために特に必要がある場合であって、ご本人様の同意を得ることが困難であるとき。
(4)国の機関(法テラス、日本弁護士連合会、弁護士会を含む)もしくは地方公共団体、またはその委託を受けた者が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合であって、ご本人様の同意を得ることにより当該事務の遂行に支障を及ぼすおそれがあるとき。
(5)利用目的の達成に必要な範囲内において、個人データの取扱いの全部または一部を委託することに伴って当該個人データを提供する場合。
(6)事業の承継に伴って個人データを提供する場合。なお、事業承継後は、承継前の利用目的の範囲内で利用いたします。
(7)特定の者との間で共同して利用する個人データを当該特定の者に提供する場合であって、その旨並びに共同して利用する個人データの項目、共同して利用する者の範囲、利用する者の利用目的および当該個人データの管理について責任を有する者の氏名または名称について、あらかじめ、ご本人様に通知し、またはご本人様が容易に知り得る状態に置いているとき。
(8)ご本人様の同意がある場合。
4.個人情報の管理にあたっては、漏洩・滅失・毀損の防止及び是正、その他の安全管理のために必要かつ適切な措置を講じるよう努めます。ただし、相談・申し込み・事件・講義・その他当事務所が扱ったすべての案件について、その終了時から3年経過した場合、その記録はすべて廃棄します。
5.個人情報の取扱いにあたっては、可能な限り正確かつ最新の内容に保つよう努力します。
6.個人情報の開示、訂正、削除(以下、「開示等」とします)につきましては、所定の手数料、ご本人様確認証明書とともに、別紙「個人情報開示等請求書」を当事務所までご郵送ください(軽微な変更訂正として当事務所が認めた場合を除きます)。ただし、以下のいずれかにあたる場合、個人情報の全部の又は一部の開示等の請求に応じられません。
(1)法令により、開示等が制限されている場合。
(2)開示等請求書に不備がある場合(必要書類の添付や手数料納付の不備も含みます)。
(3)ご本人様以外の請求の場合。ただし、ご本人様の依頼を受けた代理人の場合、その資格が証明されたと当事務所が判断した場合を除きます。
(4)不当・不正目的開示等請求であると当事務所が判断した場合。
(5)開示等により、弁護士業務に支障が生じると当事務所が判断した場合。



SSL標準装備の無料メールフォーム作成・管理ツール | フォームメーラー