取扱分野

コンテンツ問題(クリエイター支援)

 多様化するメディア社会において、人は誰しもコンテンツ(アニメ・マンガ・映画・小説などの作品)に触れ、また自ら創作することがあります。しかし、コンテンツをめぐる法律問題も複雑化、多様化しています。当事務所では、開所当初から同人活動・クリエイター支援を行っており、また代表弁護士自身も数多くのアニメ、マンガ作品に触れるなど、コンテンツには造詣があります。
 たとえば、著作権などの作品・コンテンツの権利関係、表現の自由など、様々な憲法・法律問題に取り組んでいます。もちろん、これら以外にも多様な法律問題に対応しています。
 なお、インターネット上の誹謗中傷・炎上につきましては、当サイト「インターネットにおける誹謗中傷・炎上などについて」のページをご覧ください。また、警告書が届いた、訴えられた方は、一刻も早くウィステリア・バンデル法律事務所にご相談ください。緊急案件としてなるべく早く相談日程を調整します。

【関連ページ】
〇 女性同人作家・クリエイター・同人誌即売会などの法律支援
〇 法律相談/来所相談初回30分無料・土日祝夜間・全国出張・スカイプ・Zoom対応可能
〇 ネット誹謗中傷・炎上
〇 緊急相談/訴状・警告書・内容証明郵便・発信者情報開示等に係る意見照会書などが届いた方へ



労働(労働者側/使用者側双方)

 ブラック企業という言葉が世間一般に認知される中で、労働者は自らの人権・権利擁護のため、使用者(経営者)は、適切な職場環境維持とコンプライアンスのため、労使双方正しい労働法の知識、対応を身につけることが必要になります。なお、ウィステリア・バンデル法律事務所では、民間企業だけでなく、学校職員、公務員の方からの相談・取り扱い実績もございます
 代表弁護士は、自らもブラック企業の勤務経験があることから、ブラック企業の実情を知り尽くし、ブラック企業の撲滅に力を入れています。また、こうした社会人経験、その他様々なビジネスの知見・経験を活かして、ブラック化防止・脱却など中小企業等の労務支援も行っています。
 ウィステリア・バンデル法律事務所では、大阪弁護士会労働問題特別委員会に所属し、高校などでワークルール教育を手掛けるなど、労働分野について労使双方の視点から特に注力しています(労働者・使用者双方取り扱いをしています)。ぜひ、労働問題については、ウィステリア・バンデル法律事務所にご相談ください。ご相談に際して、就業規則、雇用契約書、労働条件通知書等をご持参ください。

【主な労働問題の例】
〇 雇用・就職問題(就職差別、圧迫面接、内定切り、内定辞退、オワハラなど)
〇 「労働者」性の問題(フリーランス、クリエイターの方の労働者性など)
〇 退職・解雇について(労使双方からの退職代行に関する相談等も含みます)
 辞めたいけど辞められない、辞めたくないけど辞めさせられたなど(使用者側だと逆の立場になります)。
〇 各種ハラスメント(セクハラ・パワハラ・マタハラ・パタハラなど)
〇 労災(労働災害)
〇 賃金の未払い
〇 年次有給休暇(年休、有給)
〇 サービス残業、超過労働
〇 配転、出向
〇 懲戒処分
 

【紛争対応】
 訴訟対応はもちろんのこと、訴訟以外にも各種紛争対応を行っています。なお、ウィステリア・バンデル法律事務所では代理人として、労働局の紛争調整委員会のあっせん手続による申立て、解決実績もございます(詳しくは、厚生労働省「労働局の個別労働紛争解決制度(労働相談、助言・指導、あっせん)」のサイトをご覧ください)。また、複数回の法律相談と、内容証明郵便のみで解決した事例もございます。


ワークルール教育
 ワークルール教育とは、「働く(ワーク)」についての「法令・規範など(ルール)」を教育、啓発活動をいいます。ウィステリア・バンデル法律事務所では、これまで、市民講義、各種研究会、シンポジウム等に登壇・参加しています。また、数多くの高校で出張授業を実施し、学校教職員や教科書出版社の方との積極的な意見交換なども行っています。ワークルール教育について、ぜひウィステリア・バンデル法律事務所にお問い合わせください。
〇 これまでの活動実績
〇 ワークルール教育実践例(ほんの一部です)
〇 働くことと労働法 - 確かめよう労働条件 - 厚生労働省(PDF)


女性の権利問題・社会進出支援等

 男女共同参画が叫ばれ、女性の社会進出が目覚ましい中、会社や学校、その他さまざまな場面で女性の権利侵害を目にする事が多くなっています。代表弁護士は大阪弁護士会男女共同参画推進本部に所属し、大阪府主催の「働く女性のためのお悩み相談」の相談担当をするなど、女性のため積極的な法律支援を行っています。

不動産取引

 不動産をめぐる問題は今も昔も多くの法律問題を抱えています。不動産は生活や事業の基盤となるものであり、それだけに様々な権利関係が入り乱れています。ウィステリア・バンデル法律事務所では、顧問先をはじめ賃貸、売買など様々な不動産案件を手掛けた実績があります。

【不動産問題の例】
 売買、賃貸、近隣問題、境界問題(官民・民民)、空き家問題など


中小企業法務

大阪商工会議所 大阪サムライ検索ウェブ

 企業をめぐる法律問題は様々です。特に、大企業と異なり中小企業は法務部はおろか、顧問弁護士や社内弁護士を抱えているところは多くありません。代表弁護士は、育ってきた環境や社会人経験から、数多くの中小企業・個人事業主との付き合いがあり、中小企業の実態・実情は熟知しています。中小企業の論理・考え方を踏まえて、法的なアプローチをご提案できればと考えています。
 当事務所弁護士は「大阪商工会議所 大阪サムライ検索ウェブ」に登録しています。「大阪サムライ検索ウェブ」経由かつ、会員証の提示により、初回30分相談が無料となりますので、ぜひご利用ください(出張の場合は、別途交通費等が発生します)。

【関連ページ】
〇 中小企業・個人事業主・フリーランス法律支援
〇 コラム「中小企業向け法律情報」
〇 
〇 


その他

 ウィステリア・バンデル法律事務所では、上記以外の事件も取り扱っています。

【主な取り扱い例】
 家族関係、相続、借金やローンなど金銭問題(個人/法人)、不当要求・クレーマー対策、銀行など金融機関の融資問題、ストーカー(ネットストーカーも含みます)、インターネットに関する問題、子供の権利など

※交通事故、過払い金請求、B型・C型肝炎訴訟については取り扱いをしておりません。

 なお、訴状や内容証明郵便などが届いた方、一刻も早くウィステリア・バンデル法律事務所にご相談ください。緊急案件としてなるべく早く相談日程を調整します。詳しくは、当サイト「緊急相談/訴状・警告書・内容証明郵便・発信者情報開示等に係る意見照会書などが届いた方へ」のページをご覧ください。