取扱分野

労働(労使双方)

 ブラック企業という言葉が世間一般に認知される中で、労働者は自らの人権・権利擁護のため、使用者(経営者)は、コンプライアンスのため、労使双方正しい労働法の知識、対応を身につけることが必要になります。
 代表弁護士は、自らもブラック企業に勤めていた経験があり、それだけに誰よりもブラック企業を憎んでいます。また、大阪弁護士会労働問題特別委員会に所属し、これまで高校などでワークルール教育を手掛けるなど、労働分野については注力しています。また、労使双方相談実績は豊富です。


コンテンツ(主に著作権)

 多様化するメディア社会において、人は誰しもコンテンツ(アニメ・マンガ・映画・小説などの作品)に触れ、また自ら創作することがあります。しかし、コンテンツをめぐる法律問題も複雑化、多様化しています。当事務所では、開所当初から同人活動・クリエイター支援を行っており、また代表弁護士自身も数多くのアニメ、マンガ作品に触れるなど、コンテンツには造詣があります。なお、インターネット上の誹謗中傷・炎上につきましては、当サイト「インターネットにおける誹謗中傷・炎上などについて」をご覧ください。また、警告書が届いた、訴えられた方は、一刻も早くウィステリア・バンデル法律事務所にご相談ください。緊急案件としてなるべく早く相談日程を調整します。


女性の権利擁護・社会進出支援 

 男女共同参画が叫ばれ、女性の社会進出が目覚ましい中、会社や学校、その他さまざまな場面で女性の権利侵害を目にする事が多くなっています。代表弁護士は大阪弁護士会男女共同参画推進本部に所属し、大阪府主催の働く女性のためのお悩み相談を受けています。ウィステリア・バンデル法律事務所では、頑張る女性を応援します。


不動産取引

 賃貸、売買、開発、建築など、不動産をめぐる問題は今も昔も多くの法律問題を抱えています。不動産は生活や事業の基盤となるものであり、それだけに様々な権利関係が入り乱れています。ウィステリア・バンデル法律事務所では、顧問先をはじめ賃貸、売買など様々な不動産案件を手掛けた実績があります。


銀行・金融法務

 相続、住宅ローン、事業融資など、生活や事業活動において銀行など金融機関との付き合いは欠かすことができません。ウィステリア・バンデル法律事務所では、金融機関からの相談も数多く受けるなど、金融業務についても広く取り組んでいます。


中小企業法務

 企業をめぐる法律問題は様々です。特に、大企業と異なり中小企業は法務部はおろか、顧問弁護士や社内弁護士を抱えているところは多くありません。代表弁護士は、育ってきた環境や社会人経験から、数多くの中小企業・個人事業主との付き合いがあり、中小企業の実態・実情は熟知しています。中小企業の論理・考え方を踏まえて、法的なアプローチをご提案できればと考えています。


その他

 刑事事件(被疑者・被告人)、被害者支援、通常の民事事件なども取り扱っています。なお、警告書が届いた、訴えられた方は、一刻も早くウィステリア・バンデル法律事務所にご相談ください。緊急案件としてなるべく早く相談日程を調整します。