ファイル送信にあたってのご注意

はじめに

 この度は、ウィステリア・バンデル法律事務所にご相談・ご依頼・ご受講ありがとうございます。当事務所への各種資料提供にあたり、以下の事項にしたがってファイル送信してください。お手数ですが、円滑な資料等のご提供、当事務所の事務手続等の関係上、ご協力お願いします。場合によっては、修正のうえ、再度ご提出いただくことがあります。
 ご不明な点がございましたら、当事務所までお問い合わせください(原則として、当事務所からお送りするメールにご返信ください)。

ファイル名の付け方

〇 おおむね全角30文字以内でお願いします。
〇 丸数字、絵文字等機種依存文字の使用はお控えください。
〇 ファイルの順番に意味がある場合には、冒頭に番号(アラビア数字半角)や日付(YYYYMMDD)を付すなど、フォルダ内で自動整列できるようお願いします。なお、年月日等は当該文書の日付でお願いします。(2020年5月2日付領収書の例:20200502_領収書、複数の画像群の例:画像001、画像002
〇 フォルダ・ファイル等の圧縮は、原則としてzip又はLZHでお願いします。

ファイル送付手段

〇 ファイル総量おおむね10MB以内の場合、原則としてメール添付でお願いします。
〇 ファイル総量おおむね10MBを超える場合、データ便セキュリティ便をご利用ください)・スカイプのファイル転送による方法があります。
〇 上記以外の方法によるファイル送付は、原則としてお受けいたしかねます。

・データ便(2GBまで・ブラウザ上で利用可)
https://www.datadeliver.net/

・スカイプのファイル転送(300MBまで・アカウントとIDがあれば簡単に利用できます)
https://support.skype.com/ja/faq/fa34644/skype-huairugong-you-huairunozhong-lei-saizuoyobiqi-xian

ファイルごとの送付方法

〇 元が紙媒体の場合
・原則としてスキャナの上、PDF化してお願いします。
・スキャナをお持ちでない場合には、画像データとして送付していただくことも可能ですが、見切れや解像度には十分ご注意ください。

〇 文書・文字データ
・ご依頼者様等(相談者・受講生・申込者・依頼者などをさします。以下、同じ)が作成された文書(相談内容の説明を含みます)、あるいはメール・チャット等のやり取りにつきましては、原則としてメール本文に記載あるいは、txt、Word、Excelファイルでお願いします。当事務所で文字として記録化しますので、PDFや画像への変換はお控えください。また、文字化けに注意してください(なお、メールやチャットのやり取りにつきましては、PDF等で保存しておいてください)。
元がPDFデータの場合は、そのまま送付お願いします。
・Word・Excel2016より前のバージョンにつきましては、互換モードで変換するため、一部データが変更されることがあります。

〇 画像データ
・おおむね300~350dpi程度、フルカラーでお願いします。なお、ファイルによってはより高解像度のものが必要になることもあります。
・ファイル形式は「JPEG」又は「PNG」でお願いします(psd、saiファイル等には対応しておりません)。特に、iOS11以降のiPhoneは、画像の標準保存形式が「JPEG」ではなく「HEIF」となりますので、ご注意ください(設定で「互換性優先」にするか、「Live Photos」をオフにすることで、「JPEG」保存が可能になります)。
・jpg-largeやjpg-orig等は、jpgに拡張子変更してください。
・印刷する場合、別途CMYKによるご提出をお願いすることがあります。
・ご自身で撮影される場合、原則として1つの文書等につき1つのファイルでお願いします。文字等の見切れにご注意ください。

〇 動画・音声データ(GIFアニメーション、APNG、HEVC含む)の場合は別途ご相談ください。なお、音声データの場合、文字起こし作業が必要になることがありますので、その際別途外注費用を頂戴することがあります。

その他

〇 必要に応じて当事務所で加工することがありますので、必ず元のデータ・原本は保存・保管お願いします(当事務所が原本のご提出をお願いした場合を除きます)。
〇 ファイル送信・転送に伴う漏洩その他事故に関しまして、当事務所では責任を負いかねます。
〇 上記各項目に反したファイルにつきましては、当事務所で削除・廃棄することがあります。
〇 上記各項目に反したことによるご依頼者等の一切の不利益につきましては、当事務所で一切責任負いかねます。また、これにより、当事務所のサーバやストレージ、端末やネットワーク環境の不具合発生等、当事務所に損害が発生した場合、各種委任契約等の解除及び、損害賠償を請求することがあります。
〇 いただいたデータは、事件終了後3年経過後に廃棄することがあります。

便利なデータの送受信方法(スキャナ・プリンタ等をお持ちでない方のために)

 スキャナやプリンタをお持ちでない方で、コンビニなどを利用して、当事務所にデータ(PDF)を送付する方法をまとめました。

1.プリンタをお持ちでないご依頼者様等に、当事務所が紙媒体の書類を送付する方法
(1)当事務所でセブンイレブンのネットプリントにデータをセットします。
(2)ご依頼者様等のメールアドレスに、予約番号等必要な情報を送信します。
(3)ご依頼者様は、お近くのセブンイレブンのマルチコピー機にて、印刷料金を入金の上、予約番号等の必要な情報を入力してください。
(4)マルチコピー機より書類が印刷されますので、忘れずにお持ち帰りください。
(参考URL)https://www.printing.ne.jp/index_p.html

2.スキャナをお持ちでない依頼者様が、当事務所にPDFを送付する方法
(1)スマートフォン等、必要書類とマルチコピー利用料金をご持参のうえ、お近くのセブンイレブンにご来店ください。
(2)下記、参考URLの方法に従い、必要書類をPDF化の上、スマートフォン等に転送してください。なお、必要書類は忘れずにお持ち帰りください。
(3)スマートフォン等で保存されたPDFを、メールやスカイプチャット、メール便等で当事務所宛てに送信してください。
(参考URLhttps://www.fujixerox.co.jp/solution/multicopy/application/application_multicopy_ios-scan.html

【ご注意】
〇 印刷料金、通信料金はご依頼者様の負担となります。
〇 当事務所はセブンイレブン、富士ゼロックス株式会社等とは一切関係ございません。ネットプリント、アプリダウンロード等の不備・漏洩・その他本データ送信にかかる一切の不具合は、当事務所に過失のない限り、責任を負いかねます。